mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

幼稚園のPTAはやって損はない!?

今幼稚園に通っている、

年少や年中のお子さんを持つお母さん方には

頭の痛い時期がやってきました。

もしかしたら今年入園のお母さん方も悩んでいるのかも。

 

PTAのこと。

 

 

さあ、そんな私の手元にも、先日PTA役員選出アンケートがきました。

もうそんな時期がきたんだと、1年の早さを感じます。

 

さて本題です。

私は息子が年少で入園した年にPTA役員となりました。

 

息子の通う幼稚園のPTAは入園する前のウワサだと

それはそれは大変で、夕飯を作る余裕がないとか

休みの日はぐったりしてママ友とお茶をする気にもならないとか

こわいこわいウワサを聞いていました。

 

また、就園前の子どもがいる、妊婦であるは

役員をパスできても、介護やパートではパスできないとも聞いてました。

 

幼稚園が近所で1人っ子だった我が家は

断る理由もなかったので、年少から役員を引き受けました。

 

正直に、私はやってよかったと思います!

 

幼稚園のことがよく分かったし、先生とも仲良くなれたし、

PTA役員でなければ見られない園の様子も見ることができました。

 

身バレを覚悟で書きますが、PTA活動を経て幼稚園との距離を

縮めたことで、私は仕事にも結びついて行きました。

私のバイト先は、息子の通う幼稚園なのです。

 

ひとつ誤解のないように書きますが、このバイトはもちろん

PTA経験者でなくてもできます。一般的に募集しているものなので。

 

ただ、こうして募集がかかったときに、

すっとやろうと思えるようになったのはPTAをやって

幼稚園というものをずっと身近に感じたからだと思います。

 

そして、たくさんのお母さん方と知り合い

ママ友を超えた友達になれたことも大きな収穫でした。

 

ただ毎日お迎えに通うだけでは、知り合うことも

ゆっくり話をすることも、なかなか難しいものです。

当たり障りの会話だけで、仲良くなることも少ないです。

 

私は人見知りで、警戒心の強いタイプなので

こうやって右も左もわからない年少の時に

強制的にでもたくさんの人と知り合って、

話をすることができてよかったな、と思います。

 

また、PTA役員になると、頻繁に園に出入りするので

年少だった息子にとっては、母親がよく園にいるという安心感もあったと思います。

また、ボクのママはPTAやってるんだよ~なんて

うれしそうにしてました。

 

 考え方は人それぞれだと思います。

そういった活動がウザイと思う人も、何が何でもやりたくないという人。

PTA役員経験者としては、もっと気軽にどんどん参加してほしいと思います。

 

やっぱりね、こういう時代なのでなり手が少ないんです。

 

 たしかに私も大変でした。

会議で疲れ果てたり、企画で悩んだり。

行事で一日園にいるときは晩ごはんがカレーだったし

係りの印刷物を夜中までかかって仕上げたこともありました。

 

でもでも。

それらもとてもいい思い出です。

私の時代のPTA役員のみんなは部活動のようなノリで

みんなで和気あいあいとしていたので、楽しかったです。

 

最後の会議の日は、みんなでこれまでの苦労を語り

先生に感謝を述べて、みんなで泣きました。

30オーバーのおばちゃんたちが揃いも揃って

ウェンウェン泣いてるのは、傍からみたら気持ち悪かったでしょうが(笑)

 

 なんていうか、そこに第2の青春がありました。

アホですね(;´∀`) でもそうだったんです!

 

何を書いているのかよく分からなくなってきましたが

幼稚園のPTA役員はやっても損はないよ!というお話でした。