mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

簡単に捨てられるものがいい

私は物に対するこだわりが少ないです。

が、もともと少なかったわけではありません。

 

以前はちょっとしたことにもすごいこだわっていました。

色とか形とか、メーカーとかブランドとか。

それが歳をとったせいか夫のせいか、だんだんと少なくなってきました。

 

今は、奇抜な色やデザインでなくて、ちゃんと使えるものなら使います。

タオルも「なんとか葬祭」とか「なんとか生命」とか入っていても平気です。

(お客さんとか来る場合は一応気にして替えますけど)

 

こだわったものは、素敵です。

自分のお気に入りを持つことも大賛成です。

私も、財力が許すならばそうするでしょう。

 

しかし、ミニマリストとして生きている今は

家にあるすべての物を消耗品としてとらえるようになってきました。

 

私がセレブで、何不自由なくふんだんにお金を使えたら、

高いお金を出して買ったものも消耗品としていけるかもしれない。

けれど、私はそうではない普通の主婦です。

 

だから、壊れてしまったり、傷んでしまったりしても

簡単にあきらめがつく方がいいです。

家電も昔に比べたら耐久性がないし、

修理して使うよりは新品を買う方が安いくらいです。

 

私の夫はなんでも作るしなんでも直してしまうので

よっぽどのことがない限り、簡単に捨てることはしないけど

それでもやっぱり、いつかは捨てる日がきます。

そう思うと、家具や家電も消耗品なのかなあと思います。

 

もちろん買う時にはそれなりに吟味します。

いつか捨ててしまうからといって、簡単には買いません。

 

でも、使い切ったと思っても

処分するときに躊躇してしまうような高価なものや

大きくて捨てることが難しいものは、もうきっと買うことはないでしょう。

 

吟味して気に入ったものを求めるけれど

それが朽ちてしまった時に、執着しないものがいい。

物欲にも通じてきそうですが、そういう意味で

簡単に捨てられるものがいいなあと感じる私です。