mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

非常持ち出し袋を見直す

(この記事は2014年10月7日に書いたものです)

 

本当は9月にやろうと思っていたのですが、10月になってしまいました。

まずは全部出して。

 

f:id:simpleminimami:20150311094751j:plain

 

 いらないものを捨てます。

今回は思うことあって、これだけいろいろと処分です。

f:id:simpleminimami:20150311094843j:plain

  

 

必要そうなものを詰めます。

f:id:simpleminimami:20150311095009j:plain

 

トートバッグに収めました。

f:id:simpleminimami:20150311095025j:plain

 

今まではリュックに入れていましたが、

なんかカビ臭いしホコリがすごいので捨てます。

水が入ってませんし、非常食も足りないけどいいや。

一応2リットルとを6本家に置いてます。

 

私が非常持ち出し袋を作り始めたのは、もう10年も前からです。

圧縮タオルとか、エマージェンシーブランケットはその時に買ったもの。

毎年毎年見直し続けて、中身も変わってきました。

息子が赤ちゃんだったころは、おむつや離乳食なんかも入れてました。

 

でも最近になって思うんですよ。本当に非常持ち出し袋はいるのか?って。

仮に避難するような事態が起こったとしても、

果たしてこれをとっさに持ち出して行くだろうか。

と考えると、たぶん絶対に持って行かないんですよね。

 

普段使ってるバッグに適当に、今使っているものを

いろいろ詰めて持って行く方がリアルです。

それよりもミニマリストならば、

いつでも身の回りのものが持ち出せる状態のハズなので、

そんないつ使うのかもわからないような場所塞ぎなものはいらない気がしますね。

多くのモノを必要としなくなってきているので、

最悪は命と金があればなんとかなるんじゃないかと思います。

 

追記

今日非常持ち出し袋の点検をしたので、過去記事を振り返ってみました。

あれから断捨離が進んで、基本的な考え方は変わらないけど

思うことはいろいろと変わってきています。

次の記事でまた書きますね。