mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

晩ごはんで悩まないために 素材をローテーションする

(この記事は2014年10月30日に書いたものです)

 

主婦にとって、毎日の献立を考えるのは大変なこと。

私もそうでした。

 

スーパー主婦の井田典子さんが献立を考えるときに

「豚鳥魚、和洋中」で考えるというのをテレビで見て、

これだ!と思い私なりにアレンジして取り入れています。

 

私の場合は、「豚鳥魚ひき肉、揚げ物と和洋中」です。

 

毎日のメインのおかずって、料理はいろいろあれど

素材はほぼ決まったものしかありません。肉か魚か。

肉なら豚肉か鶏肉か牛肉かひき肉。

 

毎日毎日、これらの素材を煮たり焼いたり揚げたりしてるわけです。

なので、豚肉→鶏肉→魚→ひき肉(→ごくたまに牛肉)のローテーションをすればいいんです。

 

我が家の場合10月に入ってからだと、 あさりの酒蒸し→さんまの塩焼き→鶏胸肉のピカタ→とんかつ→鮎の塩焼き といった具合です。

魚が2日連続してますがそんなときもあります。

この素材のローテーションをもとにして献立を考えると、ちょっと楽になります。

 

追記

変わらずこんな感じで毎日献立を考えています。

月曜日からの献立だと

白菜と豚肉のミルフィーユ鍋→刺身→鶏むね肉焼いたの→生姜焼き→鮭のフライ

といった感じです。