mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

手作業の内職は時間のムダ。それよりブログを書こう!

昨年、ブログをはじめるまで私は、手作業の内職をしていました。

シール貼りや商品を詰めたり箱を作ったりという仕事内容でした。

 

商品や資材を車で引き取りに行って、家でもくもくと作業…。

家のこともやりながらだし、息子を幼稚園に送り迎えもあるし、バイトもあるしで、そうまとまった作業時間はとれませんでした。

 

しかも納期がかなりシビアで、翌日の午前中とか、翌々日までに400個って言われるんですよ。夜中まで作業し、寝る時間も削りました。もちろんパソコンなんてする余裕もありません。

 

そうして寝不足になりながら仕上げた仕事も、単価は1円に満たないことがほとんどでした。自給に換算したら、100円もないくらい。

1ヶ月のお給料はがんばってがんばって、5000円ほどでした。

 

家の中はダンボールや資材でスペースを取られるし、異物を混入させたらいけないので神経は使うし、夜中までやるから電気代も余分に必要です。

 

また、どんなに天気のいい日で布団を干したり、あちこち掃除したくても、内職の納期が迫っていれば内職にかかりきりになるから、家のことはどんどん後回しになっていきました。

 

なんだかおかしい。家にいるのに家のことが満足にできないなんて。

部屋の隅でふわふわ舞うホコリを見ながら違和感をおぼえはじめました。

 

内職の会社も、私たち外に働きに出れない主婦どもに、仕事を恵んでやっているというスタンスで、すっごく足元みてましたね。

 

内職の仕事って、単価だったり納期がきちんとわからないといけないと思うんですけど、納期が翌日とすごく迫っているのに、単価が出てないなんてザラでした。

 

いくら単価が出ていなくても、きっちり仕事をしないと気が済まない性格の私は、そりゃもう納期に間に合うように必死でやり遂げました。

 

しかし仕上げていっても結局数日単価が分からず、一生懸命やった仕事が0.7円だった時は殺意を覚えました。今思うと、その会社はブラックなんだろうな。

 

内職をやってみるまで、とてもいい仕事だと思っていました。

家にいながらできるし、自分のペースで進められるからと。

やってみたらとんでもない世界で、結局2か月でやめてしまいました。

 

内職の仕事があんまりひどかったので、とにかく家にいて何かできることはないだろうかと考えたとき、またブログを書こうと思いました。

そうしてブログを書き始めて半年、わずかですが収入を得られるようになってきました。

 

私がブログの記事を1つ書くのに、30分から1時間かかります。

内容は薄いと思うので、とにかく毎日更新することを目標にしています。

 

毎日ブログを書くのはこんな私のブログでも大変です。でも、内職でムダに1日3時間以上使っていたことを思うと、1日1時間ブログを書くことくらい平気です。

 

ブログを書くことは、楽しんでできます。たくさんの人と交流できるし、視野が広がります。自分が知らなかった角度からものを見たり感じたり、毎日がワクワクします。何よりブログは書けば、あとは基本的にほったらかしても大丈夫なのがいいところです。(本当にほったらかしだとダメです)

 

内職で手元ばかり見ていたころにはもう戻れません。

内職を悪く言う気はありません。向き不向きがあって、私には向いていなかっただけのことです。内職という未知の世界を経験できたということは、よかったと思います。

 

ただ、もし、内職をして少しでもお金を稼ごうと思っている人がいたら。

ブログを書いてみませんか?

そこには素晴らしい世界がまっている…かも。

 

お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ 

 スポンサーリンク