mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

ミニマリストに生命保険は必要か

我が家は生命保険、かけてます。

夫婦2人分しっかりと。

死亡保障と医療保険とガン保険がもろもろセットになったタイプです。

 

暮らしのコストを下げるときに必要なことは、固定費を減らすこと。

毎月必ず出ていくお金を減らすことが大事です。

そうやって考えていくと、毎度ブチあたるのが保険のこと。

 

ムダな出費ではないだろうかと考えつつも、夫や私にもしものことがあった場合にはとても役に立つであろう保険。しかし、そんなもしものことって、起こるものなのかしらん…?いやいや、一寸先はなんとかって言うし…。

 

高額な医療費は高額療養費で払い戻しされる

もしも入院や手術をしても、一定の金額を超えた分の医療費は、健康保険から払い戻しを受けられるという制度があります。

また、高額療養費になるほど高額でなくても10万円を超えたら、確定申告で医療費控除を申請することもできます。

 

会社に行けなくても傷病手当金がもらえる場合も

病気やケガで療養し、会社に行けず、十分なお給料がもらえない場合には、生活を保障するために傷病手当がもらえるそうです。

万が一、障害が残ったとしても、その時は障害年金もあります。

 

ganclass.jp

すごく分かりやすいサイトです。

 

こうして考えると、保険って必要ないのかも…?なんて。

ただ、生活を保障してくれるという点では、保険会社の保険で多額のお金を受け取れるというのはメリットありますね。

障害年金といっても、国はそう簡単に障害者認定はしてくれないそうなので。

 

ここでちょっと計算してみます。

月に1万円の保険料で死亡時に3000万のプランとして、1年では12万円。

10年では120万円です。

 

保険金の分をまるまる貯金していたとしたら、120万円と利子は自分のものです。

しかし、万が一のことがあっても120万円のままです。

5年でもしものことがあれば、60万円です。

 

これが保険だったら、万が一の場合は年数に関係なく、3000万円のお金が受け取れるということです。ただし、120万円は10年後、手にすることはできません。

保険会社が倒産でもすれば、万が一の保証も何もかもなくなります。

 

120万円で安心を買うのか、手元のお金を守るのかのどちらなになってしまうということですかね…。

私自身、手術をしたときに保険金を受け取りました。

手術代は2万円もかからなかったと記憶していますが、保険金を7万円ほどいただきました。こういう経験があると、保険入っててよかったと思います。だから余計に悩みます。