mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

火災保険(家財)を見直しました

マイホームを買って5年。先月に火災(地震)保険の満期のお知らせがきました。いい機会なので、夫と話し合って見直しすることにしました。

見直したのは住宅ローンに付随する火災保険ではなくて、家財のほうの火災保険です。

お知らせではそのまま今の保険会社で更新すると、年間で20000円になるということでした。今までは年間8000円ほどだったので、そのまま更新すれば負担が増えます。

 

私は安価な県民共済などの火災保険を検討していましたが、地震に対する補償がないことに気づき、どうしようかと考えあぐねていました。いろいろな保険会社のプランを見たり、調べたりしているうちにどんどんわけが分からなくなってきて、ある考えが浮かび、夫に相談しました。

 

私「火災保険どうしよう?県民共済は地震の保証がないよ?どうしたらいいかしら?」

夫「う~ん。てかさ、そもそも火災保険は必要ないんじゃないの?」

(私の心の声)「キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!」
私「や、やっぱりそう思う?」

夫「うん。保険で補償してもらうほど高いものなんてないでしょ?ほとんどもらいものだし。それに今全部なくなってまた全部揃えようとしたって、きっと100万円もかからないよ。ウチなら。だからかける必要はないと思うよ」

私「そうよね。私もそう思ったの!だってそもそもウチには物が少ないから保険なんて必要ないわね」

とまぁ、こんな感じのやり取りの末、火災保険(家財)はかけないことになりました。でも本当はこんなにおしとやかな会話ではない…(;´∀`)

 

保険のことを考えているうちに、そもそも保険自体が必要なのか?保険をかけるほど執着してるものなんて、うちには何もないんじゃないだろうか?という考えに至ったのですが、夫は考えなくてもそういう考えだったみたいです。

 

なんというか、本当に物に執着しなくなりました。私も夫も。マイホームを買って保険をかけていたころは、テレビが壊れたら…エアコンが壊れたら…パソコンが壊れたら…。なんてことを考えていた夫も、いざとなったら全部捨ててしまえばいい。全部買いなおしたってたかが知れてるという考えに変わりました。だからって物を減らそうという意識は薄いみたいですけど。

 

私も、もし不可抗力ですべてを失うことがあっても、私と家族の命が無事だったら、きっと物がなくったってなんとかやっていけるだろうって考えるようになりました。家が住めなくなったら、思い切ってどこか違う場所で暮らすのもいいです。家具家電がなくなってしまっても、お気に入りに変えるチャンスと思えます。

 

今使っている物たちへの愛着はあります。物だから『どうでもいい』という感覚ではないです。だけど、物と自分に一線を画してるような感じ。物の中に自分が入り込まない。

ミニマリストを知らなかったら、私がなろうと思わなかったら、こうした気づきはなかったでしょう。今まで通りに更新して、ムダなお金を払っていたかもしれません。いい気づきをいただきました。

※保険に対する考え方は私と夫の個人的な考えです。

 

追記

昨日保険のことを書いたので、火災保険のことをもってきてみました。

そう、ものに保険はかけないけど、命にはかけている我が家です。