mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

結婚は今までの生い立ちをリセットするチャンス?

f:id:simpleminimami:20150425231257j:plain

今までの姓を捨てることができる

女性は結婚すると、苗字が変わります。

私の場合のお話で恐縮なのですが、

某宗教にどっぷりハマった家庭に育ち、両親が嫌いで家を早く出たかった私が結婚したのは25歳のときです。

 

婚姻届けを出し、夫の姓になったときは本当にうれしかったです。

今までの自分の姓も嫌いで、やっと自分の名前を捨てることができた!

うれしい!と心から思いました。

 

苗字が変わる、ただそれだけだけど、今までの自分をリセットした気分になれました。

 

新しい両親や家族ができる

結婚をするということは、夫との両親とも親子になります。

義理だけれど、ちゃんと立派に親子です。

賃貸住宅の保証人になってもらえるし、身元保証人にもなってもらえます。

 

私たちが家を買ったとき、夫の実家に近いことから私の両親はすさまじく反対して、阻止しようとしてきましたので、ローンの保証人にも夫の両親にお願いしたかと思います。

 

これが嫁いびりをするような姑だったら悲惨ですが、そうでなくて普通の姑であれば言うことないですね。もちろん、義理なので多少のいざこざが発生するときもありますけど(笑)

 

それから夫となる人に兄弟がいたら、新しい兄弟もできますね。

新しい祖父母、叔父叔母、いとこに、甥っ子に姪っ子…。

うんざりするほど家族が増えます。

私は長女なので、ずっとあこがれていたお姉さんとお兄さんができました。

 

実の親や家族よりも大切な人ができる

人生の伴侶。私にとっては、そう、夫です。 

それからもちろん、息子もそう。

この大切な人がいるからこそ、私は結婚をリセットだと思うのかも。

simpleminimami.hatenablog.com

 こちらにも書きましたが、自分の両親より夫と息子が大切なので、私は実家を捨てました。

 

こういう、誰かを本当に守りたいという気持ちを、自分の家族以外に持つという日がくるなんて、子どもの頃の私には想像できませんでした。

 

それだけ子どもの頃や、実家にいた20歳までの期間は、狭い狭いところで生きていたのだと思います。

 

リセットするにあたって

もちろん私も、ばっさりリセットだー!と思えるには時間がかかりました。

結果的に実家を捨てることになったのは、結婚して5年以上も経ってからのことだし、こういう考えが出てきたのは最近です。

 

まず、家を出て1人暮らしをして、物理的に両親から距離を置きました。

簡単に来られないように、電車でも車でも1時間以上かかるところにしました。

 

目の届くところに親がいない、それだけでも全然違います。

私の場合は、某宗教とも少し距離ができたのでホッとしました。

それから夫が転がり込んできて、しばらく一緒に暮らしたのち結婚。ということに。

 

最後に

結婚にはメリットもデメリットもありますし、結婚生活は幸せや楽しいことばかりじゃなくて、辛いことも悲しいこともイライラすることもあります。

 

けれど、誰かを愛し誰かに愛されて家族になるってことは、とても素晴らしいことだと私は思います。

 

無条件で自分を許し、必要とし、丸ごと全部受け入れてくれる人に出会えたことはとても幸せです。

 

今までの自分の生い立ちをリセット!とまではいかなくても、大切な人と共に過ごす時間は、それまでの辛い経験や思い出から解放される時間でもあります。

そういう点で結婚というのはとてもいいな。と思った次第です。

 

お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ 

 スポンサーリンク