読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

結婚式の思い出はアルバム以外全捨てしました

断捨離・整理・片付け

(この記事は2014年10月13日に書いたものです)

f:id:simpleminimami:20150509215248j:plain

私たち夫婦は9年前、親族だけのこじんまりした結婚式と披露宴をしました。

 

当時2人とも無職のニート(笑)で、結婚式の準備をする時間だけはありあまっていたので、なんでもかんでも自分たちで作りました。

(もちろん結婚式の費用は自分たちで出しました。夫とすでに一緒に暮らしていたのでもちろん生活費も自分たちです。)

 

ドレスは買って自分でお直しし、パニエも手袋や髪飾り、ブーケもブートニアもリングピローも招待状も席次表もメニュー表もウェルカムボードもとにかく全部手作りでした。

 

 

しかし、もうそのどれも我が家にはありません。

3年くらい前に全部捨ててしまいました。

 

今あるのはアルバムの写真だけです。

物をなかなか捨てないわが夫も、どういうわけか結婚式関係のモノは、私に「もう捨てたら?」って言いました。

私もずっと捨てたくてモヤモヤしてたので、すぐに捨ててしまいました。

 

ウエディングドレスも、次の代に取っておくほど値打ちのあるものではないし、そもそも娘もいないし必要ないですね。ちなみに、結婚式に履いた白のパンプスは結婚式が終わってからすぐに捨てました。

 

捨てたことを友だちに話したらありえないって言われましたが、写真は残ってますし、思い出で押入れを塞ぐよりも今の生活のほうが大切です。別に捨てたとしても夫婦仲が悪くなるわけではないから大丈夫です。

 

追記

捨てたことで不便を感じたことも、後悔したこともありません。

もともと結婚式自体、実親に「結婚式はやって当たり前。やらないなんてありえない」と言われたからやらなくてはいけないと思い、親孝行のためだと自分に言い聞かせてしたことでもありますし、今振り返ってみるとあまりいい思い出ではありません。

そのうちに写真も捨ててしまう日が来るかもしれないと感じています。