mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

ちょっとホロリとする絵本~せいぎのみかた ドラフラ星人の巻~

f:id:simpleminimami:20150424213214j:plain

 

ちょっと前に図書館から借りてきた絵本です。

 

みやにしたつやさんは「おとうさんはウルトラマン」を書いている方で、バルタン星人の巻もあったりとシリーズ化しています。

息子がウルトラマンや仮面ライダーやニンニンジャーなど、戦隊ものが大好きなのもあって、シリーズで好きでよく読んでいます。

 

この「せいぎのみかた」は、表紙の2人の星人のお話です。

結末は読んでみてのお楽しみとしておきますが、良いか悪いかは見た目や言葉だけでは判断できないよ。というお話です。大人だとだいたいわかってしまいますかね。

 

ついつい結末で、涙腺崩壊しそうになって、声を詰まらせながら読み聞かせをしてしまいました。序盤はとても楽しいお話なのに、結末で急に泣けてきます。

 

人は見た目や耳障りのいい言葉だけでは判断できない。

もっと人の本質を見て判断する。そんな大人に息子にもなってほしい。

そう思わせてくれた絵本です。