mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

予期せぬママ友とのトラブルを避けるために、私が心がけていること

f:id:simpleminimami:20150601224606j:plain

ママ友とのお付き合いは、楽しいこともありますが、予期しないトラブルもつきものです。私は幼稚園内では割と目立つタイプ。PTA役員を経験しており、幼稚園の行事にも積極的に参加していて、知り合いも多いです。

そんな私がママ友付き合いで気をつけていることは以下の5つ。

 

1.不平や不満を口にしない、愚痴や悪口も言わない

ふと口にした不平や不満が、どこを回って伝わっていくのかが分からないので言いません。また、不平や不満を口にするとそういう人たちが集まってくるようになってしまいます。夫の愚痴も悪口も言いません。

2.いつも笑顔であいさつ

相手のことを知らなくても、相手が私のことを知らなくても、幼稚園内ではあいさつします。返してもらえなくても気にしません。

3.知りすぎない、知られすぎない、深入りしない

ママ友のご主人の職業や年齢など、何でも聞いてくる人はいます。そんな時は適当にかわします。私は聞かれたくないので、ママ友にも聞きません。

深入りしないというのはとても大切です。立ち入った話は、相手によっては嫉妬を生み、トラブルのもとになります。

4.物のやりとりは慎重に

旅行のお土産やいただきもののおすそ分けも慎重に。

もしもらってしまったら、もらいっぱなしではなく、何かのかたちでお返しすることも大切です。好意に甘え過ぎて、相手の地雷を踏んでしまうことは避けます。

5.SNSはやらない

LINEにママ友数名の名前がありますが、必要な連絡以外では使いません。

私がSNSが好きじゃないのもありますが、○○に行ったとか○○食べましたとかもいらん嫉妬を生んでしまうと思います。

 

 

なんだか、さみしいお付き合いしてるのね。

などと思われてしまいそうですが、もちろん例外もあります。

ママ友から発展していった、いつか子どもの手が離れたら温泉に行こう!そう言い合えるママ友数人たちとは、何でも話すし、多少の愚痴も不満も言い合います。お土産のやりとりもおすそ分けもしています。 

そういう気の置けないお付き合いができる人と出会えたらラッキーです。

 

ママ友なんて、結局は幼稚園までのお付き合いです。

幼稚園生活で必要な情報が手に入って、子どもが不自由しない程度に遊ぶお友だちがいればそれでいいと思います。

幼稚園での主役は、子どもですから。

 

 ポツンをおそれず、いつも毅然としていることも大切です。

いらんことに気をもむことなく、幼稚園生活を楽しみたいものです。