mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

備蓄食料について考えた~我が家のローリングストック~

図書館でキッチンの断捨離の本を借りてきて読んでいたら

食料の備蓄について書かれたページが。

 

断捨離したら、

キッチンにたくさんの空間ができた。

そうだ。このスペースを活用して備蓄しよう。

備蓄。それは”もしも”の時に家族を助ける食料。

3日分、1週間分、1カ月分。どうしよう…、

どれだけ準備しても不安が尽きない!

安心するための準備だったのに、

準備するほど不安が募るなんて…。

一体、どうしたらよいの?

 

すごいわかる…。

非常時の備えはやればやるほど、どこまでが適切なのか分からなくなっていくものです。

我が家もある程度の備えはあるけど、不十分かも。

 

ローリングストック法で考える

ローリングストック法とは特別な非常食ではなく、

いつも食べている缶詰やレトルト食品などを多めに保存しておいて

なくなったら買い足すという、食べまわしながら備蓄していく方法です。

 

この方法の良さは、食べなれたものが食べられるということ。

肉体的にも精神的にもダメージを受ける災害時には、

いつもおいしく食べているものを食べられる方が安心します。

 

また、非常食のように気がついたら賞味期限が切れていた!

という心配もありません。

いつものスーパーで買い足せるものうれしいところ。

 

我が家の場合

我が家はスーパーが遠く、コンビニも徒歩15分かかる地域。

災害時だけでなく、急な発熱や体調不良の時にも役立つように考えました。

備蓄するのは家族の食べなれたもの、好きなもので。

 

●備蓄食料のリスト●

・カロリーメイトや玄米ブランのような栄養食

・果物の缶詰

・コーンの缶詰

・ツナの缶詰

・レトルトカレー

・レトルトのパスタソースとパスタ

・インスタントラーメン

・ポカリスエットの粉末

・ミネラルウォーター

・ペットボトルのお茶

・野菜ジュース

 

やきとりの缶詰や、さんまの缶詰もおいしいのですが

我が家では日常的に消費しにくいので、省きました。

 

これだけでは不十分かもしれませんが、使い切ることが優先です。

冷蔵庫の中にも食品はあるので、ちょっと足りないくらいでも大丈夫。

 

リストにもとづいて、家の食品ストックを見てみたら…。

f:id:simpleminimami:20150618094820j:plain

全然足りてない!

ミネラルウォーターもお茶も全くなかったです。

近いうちに買い物行ってこよう。

 

そして、この備蓄食料をどこに保管するか、日用品はどうするのか

いろいろ考えることはたくさんあります。

 

私はミニマリストとして生きているけれど、主婦でもあるので

もしものときに家族のごはんを支えることは、物を減らすことより大切です。

 

また、いつか大きな地震がくる地域でもあります。

これからもどうすれば適切なのか、持たない暮らしとの両立を考えて

日々試行錯誤していきます。

 

○関連記事○