読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

嫌な思い出のあるものは思い出ごと捨ててしまおう

断捨離・整理・片付け

(この記事は2014年11月18日に書いたものです)

  

f:id:simpleminimami:20150624225732j:plain

 

誰にでも思い出したくないような過去があります。

私にとっては子どもの頃や、実家と決別するまでの日々。

 

その時にもらったもの、使っていたもの、その日々の写真…。

捨ててしまうとスッキリします。

 

8月あたりからミニマリストを目指して

今まで捨てる踏ん切りがつかなかったものをどんどん捨てています。

 

実親にもらったオルゴールとか、

モメた妹の結婚式にもらった食器とか、いろいろ捨てました。

 

嫌な思い出のあるものは、そこにあるだけで悪い気が出ている気がします。

ちょっと目にとまると、心に浮かぶ嫌~な思い出…。

 

ああこれ、もらったんだった…('A`)

あの時使ってたんだ…('A`)

と、非常に精神衛生上よくないです。

 

思い切って捨ててしまうととっても心が楽になります。

実際に私はなりました!っもうほんとにスッキリ!

  

捨てたオルゴールはアクセサリー入れになってまして

いつもアクセサリーを取り出すときやしまうときに嫌~な気分でした。

 

 

せっかくもらったんだしと使っていましたけど、

なんでこんな気分を上げて行きたいお出かけ前に('A`)

ってならなきゃいけないのかとだんだんイライラしてきて

ぶっ壊して捨ててしまいました。

 

今ではアクセサリー入れがミントタブレットの空き缶ですけど

入れ物が可愛いくて気分が上がるからいいです。

 

しかし私も全部捨ててしまったわけではなく、

まだ多くの嫌な思い出のあるものを持っています。

 

昔の写真とか見るだけで鬱になりそうだから整理できるまで封印しています。

そのせいで結婚式の写真を見るのも避けています。集合写真あるから。

 

嫌な思い出に縛られることなく今を生きたらいいと思います。

少なくとも私はそう思って、これからも嫌な思い出をものと一緒に断捨離していきます。

 

追記

この前やっと新しいお皿を買って、実家から持ってきたお皿とおさらばしました。

義実家からもらった食器も、ゆくゆくは処分していこうと考えています。

 

「たくさんあるから買わなくてもいいのよ」と言われても、使いたくないものは使いたくないのですよね…。

物が少なくなってきたからこそ、こうして自分の気に入ったものを手の届く範囲で買いかえていきたいと思えるようになってきたのかな。

 

嫌な思い出がある物を捨てていくことで、私の心は軽くなっていきました。

捨てることの罪悪感と戦うこともあります、せっかくくれたものなのにって。

でも自分が気分よくいられる方がいいから、自分の心に正直になります。

 

写真はそろそろ?整理できそうな気がしています。

でももう少し、家をミニマムにしてからですかね。