mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

ミニマリストってなんだろう?

(この記事は2014年11月16日に書いたものです)

 

私が初めてブログに書いた記事はこちら。

 

simpleminimami.hatenablog.com

 

 

 はじめはやはり物を最小限にして生活する人というイメージがいちばんでした。

 

しかし、物を持たないにもいろいろありますね。

厳選したお気に入りのものに囲まれて洗練された暮らしを目指す人と、とにかく実用性重視でものにこだわらない人と。(私の場合は後者です)

 

私のように主婦である人、子どものいる人、ひとり暮らしの人、実家住まいの人…。

ライフスタイルによって持ち物はさまざまなので、ものの数だけで定義することはできないと思います。

 

というわけで私は ミニマリストを意識する、目指すことがミニマリストだと考えるようになりました。

 

いろいろ定義がありますけれど、私にとってはシンプルライフよりもしっくりきたのがミニマリストだった、という感じ。

 

 

物が依然として多い分、ミニマリストとしてはまだまだなのでしょうが、物の数に囚われてしまうと、物の数に執着してしまうことになるので、今は自分が必要としているものを見極めることに集中しています。

 

キッチンとか電化製品とかすごい数ありますので…。

服やコスメは少ない(と思う)んですけどね。

 

人によって解釈がさまざまなミニマリストという生き方。

これからどう私の中で変化していくのかを楽しみつつ、これからも考えていきたいと思います。

 

 

追記

半年以上前の私はこんなこと書いていたのですね。

最近にもミニマリストの定義についていろいろ書かれていたのを読みました。

 

なんていうか、本当に人それぞれなんだとしか言いようがないと私は思います。

人生において何に重きを置いて生活していくか、それによって持ち物も全然違うから。

 

人生で何が大切なのか、ミニマリズムはそれを見極めるための手段だとすれば、そういう目的や意志を持った人をミニマリストと呼んでもいいのかなって。

 

そんな曖昧な定義を許してしまうほど、私にとって「ミニマリスト」という言葉はとても懐が深いイメージです。

そして、全く色がない、すごく透明なイメージ。

だからこそ、みんな惹かれるし、憧れてしまうんだと思います。

 

好き勝手書きましたが、これからもミニマリストの解釈は私の中でどんどん変わっていくでしょう。私の生活も持ち物も変わっていくから。

そのたびに、振り返っていきたいです。