読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

捨てられない服、あります

それはこのTシャツ。

 

f:id:simpleminimami:20150806221052j:plain

 

といっても、私のではありません。夫のです。

 

もう色あせていて、破れたりほつれたりはしてないけど着れません。

一度は捨ててしまおうかと、古着回収行きの袋にいれましたが

やっぱり捨てるに忍びなくて、袋からとりだして大事にしまいました。

 

私にとってこのTシャツは大切な思い出の品です。

 

まだ私と夫が同じ職場の同僚で友だちで、たわいもない会話をしていたころ

夏すごく暑い日に水鉄砲をして遊んでいました。

 

自由な会社だったので、水鉄砲で遊ぶのアリだったのです(笑)

他にも休憩時間にバトミントンしたりして、よく遊んでいました。

 

水鉄砲で遊ぶと、当然水がかかるから、濡れます。

水鉄砲で滅多打ちにされて、びしょびしょで着替えもなかった私に

「かしてあげる」と夫に手渡されたのがこのTシャツだったのです。

 

その当時、同僚だった夫を意識していたのかどうか今はよく覚えていないけど

すごくうれしくて、ドキドキしたことだけは覚えています。

ダボダボのTシャツの肌触りと洗濯物の匂い…。

甘酸っぱい記憶とともに、このTシャツはあります。

 

こんなことやいろいろな出来事を経て、お付き合いするようになり

同棲して結婚して今の私たち夫婦があります。

 

少し前に朝のテレビ番組で『彼T』という言葉が出てきたときに

何気なく夫に「昔こんなことあったよね?」と聞くと、

「あったあった。今でも覚えてる」と返事がかえってきて

やっぱりお互いに意識していた時期だったのかなって、朝から照れ笑いでした。

 

夫もこのTシャツのことを覚えていてくれたから

なおのこと捨てられなくなってしまいました。

思い出を共有できるものだから、余計に大切に思えるというか。

 

でも、そういう捨てられないものが少しだけあったっていいですよね。

このTシャツは無理に捨てないで、私が死んだときに入れてもらおうかな。

以上、私の捨てられない服でした。