mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

旬をいただく贅沢

 

先日栗をいただいたので、栗ごはんを炊きました。

栗を食べると、秋が来たなと感じます。

あとはサンマ、さつまいも、きのこ類などなど。

果物もおいしいですね。

 

 

f:id:simpleminimami:20150921221521j:plain

 

せっせと皮をむいて。

せっかくだから大きいままで炊きました。

でもよそうときに崩れちゃいましたけど。

 

こうして旬のものをいただくとき、とてもうれしくて贅沢だなぁと感じます。

金額とかではなくて、心が満たされるというか。

旬のものはその時しか食べられないから、貴重です。

 

同時に四季のある日本に生まれてよかったなと思います。

季節に合わせておいしいものがたくさんあって、景色も変わって。

 

春にはたけのこも茹でます。ワラビも近所に生えるので摘みに行ったり。

以前はエグミが残っておいしくできなかったけど、今年から上手にできるようになってきました。何事も経験がモノをいうのだと実感しました。

 

私は栗の皮をむくときは圧力鍋を使っています。

加圧後5分火にかけてから、急冷して圧を抜いてさわれるほどの温度になったらむき始めます。

 

鬼皮も渋皮もやわらかくなっているので、とてもむきやすくて、栗の実のロスが少ないです。切り込みを入れる方法もありますが、私はいつも忘れてしまってます(^-^;

 

旬のものはなんとなくですが、自分の体にパワーをもらえる気がします。

秋はごはんが本当においしくておいしくて。そういえば、新米の季節ですね。

どんだけ食べるの好きなんでしょうか(笑)

おいしい秋、もっと楽しみたいと思います。