mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

幼稚園のPTAをやってみて、よかったこと、わるかったこと

もうそろそろ年度末です。

来年のPTA、やりますか?やりませんか?

そんなお手紙が出回る時期ももうすぐですね。

もしかしたら、在園児のママさんはお悩みの方もいるかも。

 

私は、息子が年少の時にPTA役員をしました。

その経験を踏まえて、メリットとデメリットを今回書いてみたいと思います。

 

メリット

・ママ友がたくさんできた

・幼稚園のことをよく知ることができた

・先生と仲良くなれた

・何か目標に向かってみんなで一生懸命になる大切さを再認識した

・行事に参加することが多く、子どものようすがよく見えた

・よく幼稚園にいるので息子には安心感があった

・行事の成り立ちや歴史も知ることができた

・幼稚園に対してきちんと意見する機会をもてた

・いろんなお店でお茶したりできた

 

デメリット

・会議や行事の日は朝からとにかく忙しい

・幼稚園のことをよく知るあまり、裏の内情が見えてしまう

・ちょっとだけだったけど役員内の人間関係に悩む

・打ち合わせなどで喫茶店に行くので出費がかさむ

・資料がけっこうかさばる

・家でやることもたくさんあるし、会議以外での集まりもある

 

 

うーん。考えてみるとこれくらいでしょうか。

私はもともとがPTAをやってよかった!というスタンスなので、よかったことの方が多くなっています。

 

迷っている方がいたら、是非やってみてほしいと思いますし、どうせやるなら年長のベテランでなるよりも、年少のペーペーの時にやってしまったほうが、「私はじめてでよく分からないので~☆彡」と切り抜けられる場面も多いですし、いいのかなって思います。

 

このやってよかったかわるかったかは、その年の役員さんがどういう人が集まるのか、会長になる人がどんなタイプかにもよりますので、一概に言えない部分もあります。

我が家が住んでいるところは田舎ですし、幼稚園もキッチリしたカリキュラムがあるわけではなくて、遊びが中心ののびのびした園ですから、こうした園の方針によっても変わってくるでしょう。

 

なので、私の意見はあくまで参考にしかなりません。

何事もやってみないと分からないです。

周囲のウワサ通りのこともあるでしょうし、そうでない場合もありますから。

ただ、何も知らないで経験した方が楽です。本当に。

 

余談ですが、母になってからPTA役員として団体行動をしてみると、自分の本質がよーく見えてきます。私は昔から目立ちたがり屋、責任感が強く、リーダーシップをとることが多かったです。で、この性質はやっぱりそのままでした。ああ私って、やっぱりこういう人間なんだなってよく分かりました。そして、人間ってそんなに簡単に変わるものではないんだなと。

 

さあ、そんな私もあと数カ月で小学生のお母さんです。

小学校のPTA?もちろんよろこんでやりますとも!!

風のウワサで聞きましたが5年ルールなるものがあり、1年生でやったらまた6年生でやる必要が出てくるとか出てこないとか…。入学してからじゃないと分かりませんが、しっかりと小学生になってもがんばりたいと思います。