mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

夏休み本番、いつでも遊びにおいでと言える家

 

先週から始まった夏休み。

我が息子も出校日とプールが終わり、今日から完全にフリーです。

 

朝昼晩とごはんを作るのをあと1か月以上続けるのかと思うと少々うんざりしますけど、せっかくの夏休みなのでいろいろと息子と楽しもうと考えています。

 

昨日はあいにくの雨で、ママ友とその子どもとプールに行く予定が中止になってしまいましたが、せっかく遊ぶ約束をしていたのだからとうちで遊ぶのに変更しました。

おやつを食べながら子はキャッキャと騒ぎまくり、母はおしゃべりに興じてとても楽しいひと時でした。

 

思い起こせば私の子どもの頃、家に友人を呼ぶなんてことできませんでした。私の場合自分の個室もありませんでしたから、必然的に遊ぶのはリビングダイニングになります。しかしそこは台所には洗い物が山積みで、テーブルには吸殻で山盛りになった灰皿と食べかけのパンや飲みかけのコップやマグカップが並び、ソファには洗濯物や新聞が乱雑に置いてあってとても友人を呼べるような家ではありませんでした。

 

私がシンプルライフに憧れて持たない暮らしを続けてきたのは、ただただいつ誰がきても恥ずかしくない家にしたい。息子を産んでからはいつでも家に友だちを呼べるような家にしたい。そんな気持ちからです。

 

ズボラでめんどくさがりだからこそ、自分の管理できるだけの物の数にして、掃除が嫌いだからあまり掃除が行き届いてなくてもそれなりにきれいに見えるようにしています。

 

我が家はひとりっこなので、できるだけお友だちと遊んでほしいから、いつでもウェルカムな家であり続けたいなと思います。