読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

月5万円の予算はそのままに、生活費の内訳を少し変更

節約・家計管理

 

 6月から食費、日用品、外食費などを含む生活費の内訳を少し変えました。

 

今までは、月5万円をお米代5000円と10日分の予算15000円を3回、と分けて何でもかんでもここから支払って予算内ならそれでよし。としていました。

 

それで十分だったんですけど、生活費でまかなえないレジャー費を特別費として計上することに違和感がありまして・・・。やっぱり外食費とレジャー費は別にしておくやり方に戻すことにしました。

 

全部一緒にしてしまうと、外食やレジャーに行ったときに食費や日用品費を圧迫してしまうことになりますし、外食しないときは食費を使いすぎてしまうということもありました。

 

これからは外食とレジャー費のお金は別のお財布にしておいて、余った予算はそのまま繰り越していきます。そうしてレジャー費を特別費でまかなうのではなく、外食とレジャーのバランスをうまくとっていきます。この方法は以前にもやっていました。

 

ただ、旅行や海水浴などの大きいレジャーのお金まではこの方法ではまかなえませんので、そうしたお金は特別費となります。

 

というわけで、

外食とレジャー費として月5000円。

食費、日用品など生活費を10日間で14000円×3回。

お米代として月3000円。

という感じになりました。

 

我が家の場合、お米は10キロを1回買えば1か月もちます。

今まではなんとなくキリがいいので5000円の予算をとっていましたが、今はお米が安いので3000円もあれば十分。

 

そうして6月と7月を生活してみたら、お金を使いすぎることなく生活することができました。月末に外食したくなっても、予算にゆとりがあるので大丈夫。

 

ちなみにですが、6月の生活費は44195円、7月は44636円と45000円の予算内でおさまっています。固定費と合わせておおよそ20万円での暮らしも維持しています。

 


レジャー費はまだまだ考えることがいろいろあります。息子と一緒に出掛けたり、いろいろな体験をできるのもわずかな期間です。思い切ってレジャー費を年間の予算として計上していく方法を来年から取り入れてみようかな。とも考えています。