読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamiの生活ノート

シンプル&ミニマムに暮らしたい 

昨年の服がどれもこれも似合わない問題

 

立夏が過ぎて、暦の上では夏になりました。

私も4月中に合着を出し、薄着の季節にそなえていました。

 

先日ママ友とちょっとこじゃれたお店でランチしようという話になり、それじゃあ少しオシャレしていこうかなと前夜にコーディネートを考えて、朝着替えてみたら。。。

 

全然似合わない。すごいイマイチ……。

せっかく春なんだからガウチョをはこうと思っていたのに、どのトップスを合わせてみてもどれも合わない気がする。というか、そもそも私ってガウチョ似合わなかったのかしら。

 

鏡の前でしばらく脱いだり着たりをくり返して、結局いつものカットソーにジーンズでロングカーディガンという格好で出掛けたという。

 

家族で出掛けるときにもそんなことをやって、まさに着る服がない!!

という状態に。そしてカットソーにデニムといういつものいちばん落ち着く服で出掛ける羽目に。

 

いや着る服はある。昨年買った、昨年着ていた服がある。

今年も着たい。そう思うアイテムばかりで、今も着たいと思うのに。

実際に着てみると最悪である。なんだこの鏡の中のさえない女は。

 

ちょっと太ったからなのか、好みが変わってしまったからか、加齢によるものなのか。

なんでなんでなんでー???と頭の中がぐるぐるしています。

 

いつも着ているものは全然平気なのです。

ジーンズとかカットソーとかセーターとか。

しかしそれ以外のものが、着てみるとコレじゃない感がすごいのです。

着慣れていない、見慣れていないからなのか、もうこれは着れないよというサインなのか……。

 

ワードローブの立て直しが必要になっているかも。

そんなふうに考えています。困った。大問題です。

とりあえず昨年の体重になろう。買うのはそれからだ。